【失敗しない探偵の選び方】良い探偵・悪い探偵の見極め方

投稿日:2019年7月12日 更新日:

【失敗しない探偵の選び方】良い探偵・悪い探偵の見極め方について

  • 探偵の選び方が知りたい…
  • 良い探偵の見極め方を教えてほしい…

浮気調査や人探しなど、探偵に調査をお願いしたいと思って探偵を探してみても、
探偵事務所の数が多く「どういう探偵が良いのだろう?」と、探偵事務所を選ぶことが難しいのではないでしょうか?

ましてや、探偵なんて人生の中で頻繁に利用するものではないですし、探偵って何か恐いというイメージを持ってる方が多いので、色々と不安になってしまいますよね。

そこで、このページでは探偵目線で考えてみた「探偵の選び方」を紹介いたします。

探偵事務所に調査をお願いしたいけど、探偵をどうやって選べば良いかが分からず、困っている方に少しでもお役立ちいただければ嬉しいです。

まず始めに、探偵選びで失敗しないために必要なことをお伝えします。

探偵を選ぶ時は、必ず複数の探偵事務所に相談し、比較検討してから選ぶことをオススメします。

複数といっても2つとかではなく、最低でも5つの探偵事務所を選び相談することです。そうすることで、探偵選びで失敗する確率は確実に減ります。

ちょっと面倒くさいですが、色々な探偵事務所に相談してみることで色々なことが見えてくると思います。

調査にかかる値段だったり、探偵事務所の雰囲気とかは各会社さんで違いますから、色々なところに相談して比較検討してください。

そして、最終的に調査費用の予算や、探偵事務所との相性が合うと思った会社に調査を依頼することが探偵選びで失敗しないコツです。

まずは探偵を以下の方法で探してみる

今はインターネットで探偵事務所を探す方がほとんどだと思いますが、探偵を見つける代表的な4つの方法を紹介します。

  • インターネット
  • タウンページ
  • 104
  • その他(看板・フリーペーパー・紹介etc)

それでは、探偵を見つける4つの方法を順番に説明いたします。

インターネット

パソコンやスマートフォンで、「探偵事務所」「探偵 横浜」「浮気調査」とかで検索すると、たくさんの探偵事務所さんが出てきますよね。

当社の場合も、インターネットからたくさんのご相談・お問い合わせをいただいています。

自分が住んでいる地域で探したければ、「探偵」の後ろに住んでいる地域を入れて検索をかけると良いです。

たまに、他の探偵事務所さんのホームページを見ていると、「広告を使っているところは、相談しないほうが良い」といったようなことが書かれていることがありますが、私は正しいと思っていません。

広告を出している会社さんでも、ちゃんとした会社さんはいますので、私個人的な見解ですが、色々なホームページを見てみて自分が良いなと思った探偵事務所さんは、相談候補の中に入れておいてください。

タウンページ

インターネットの他にタウンページでも探偵事務所を探すことが出来ます。

探偵は、人には言えないような悩みを解決するような仕事なので、インターネットがまだ浸透していないときは、タウンページからのご相談・お問い合わせがほとんどでした。

今は昔と違い、地区が細かく分かれて発行されていますので、あなたの身近にタウンページがあれば、タウンページで相談候補を探してみてください。

104(電話番号案内サービス)

今の若い人は知らないかもしれないのですが、電話番号案内サービスに問い合わせると、登録されている探偵事務所の番号を教えてくれます。

ただし、104に登録されていない場合は分からないのと、電話番号を教えてくれるだけなので、ホームページのように会社の雰囲気が分からないのがネックです。

弊社では、年に数回104からご相談いただくことがありますので、参考程度に知っていただければと思います。

その他の方法

探偵を見つける方法の多くは、インターネットやタウンページになりますが、その他の方法では以下のようなものがあります。

  • 看板
  • ポスター
  • フリーペーパー
  • 弁護士からの紹介
  • 調査業協会からの紹介

最近は、探偵事務所の看板やポスターを見る機会が減りましたが、たまに街を歩いていると見かけることがありますので、もし偶然見つけて気になるようであれば連絡先を控えておくと良いかもしれません。

また、第三者からの紹介というところで、弁護士さんや調査業協会に相談してみると、弁護士さんであればお付き合いのある探偵事務所や、調査業協会であれば所属している探偵事務所を紹介してくれるはずです。

次に違法性が無い探偵を選ぶ

これまでにあげた方法で探偵を探すと、本当にたくさんの探偵事務所さんが出てきますので、ここから篩(ふるい)にかけていきます。

まず当たり前のことですが、違法性が無い探偵を選んでいきます。

  • 探偵業届出証明書が交付されている
  • 事務所が存在している

1つずつチェックポイントを紹介していきますね。

探偵業届出証明書が交付されている

探偵の仕事をする場合、公安委員会(警察署経由)に「探偵業務を始めます」という届出を提出し、探偵業届出証明書を発行してもらわなくてはいけません。

また、ホームページやタウンページなどの広告では、探偵業届出証明書番号を明記しなくてはいけません。もし、相談候補を探す場合は、探偵業届出証明書番号が明記されているかチェックしてください。

事務所が存在している

届出証明書に続いて確認いただきたい項目としては、その探偵事務所は存在するかです。住所がちゃんと明記されているか?より疑い深く調べるのであれば、グーグルマップに住所を入れて調べてみることです。

もし、住所が明記されていなかったり、グーグルマップで変な場所だった探偵事務所は、相談候補に選ばないでください。

自分で良いと思った探偵を複数選ぶ

上記であげた「探偵業届出証明書が交付されている」「事務所が存在している」に問題がないことを確認したうえで、あなた自身で良いなと思った探偵事務所を最低でも5つ選んでください。

ホームページであれば、丁寧にページが作られていたり、会社の雰囲気が好きだなとか、お手頃な金額で調査出来るななど、あなたの好みや状況にあった探偵事務所を選ぶことが重要です。

複数の探偵にメールや電話で相談してみる

次に、あなた自身で実際に候補にあげた探偵事務所に相談していきます。

相手のことを少しでも分かりたいので、出来れば電話で相談してくださいね。

実際に相談してみると、各探偵事務所のことが分かってます。

  • 問合せたの時の相手の対応
  • 調査内容について説明の有無
  • 契約をせかしてくる
  • 不安を煽る表現をする
  • 調査のリスクを説明
  • 他社の批判を繰り返す

私的には、ここでの重要なポイントとして、あなたの相談内容に対して親身になって対応してくれたか?ということです。

ここで変な対応をしてきたり、あなたが何か違うなと思った探偵事務所については、依頼候補のリストから除きます。

そして、残った候補リストの探偵事務所にアポイントを取り、実際に事務所に行って相談してください。

実際に事務所に行ってみて話しをしてみる

人によっては、「実際に探偵事務所に行くのは不安だな…」と思うかもしれませんが、必ず事務所に行って直接話しをすることが大切です。

電話やメールだけで探偵を選ぶことだけは、絶対にやめてくださいね。

電話やメールでの対応と、実際に会って話してみるのとでは違いますので、ちゃんとした対応をしてくれたかチェックすることが重要です。

調査をするメリットだけではなく、調査をすることのデメリットもちゃんと説明してくれる探偵は信用できるので、調査のデメリットを説明してくれるか確認してください。

また、事務所に行ったときには、目に見えるところに「探偵業届出証明書」が設置されているかもチェックしてくださいね。

複数の見積もりを比較してみる

そして、各探偵事務所さんに行ったときには、話した相談内容をもとに調査費用の見積もり書を作ってもらうことです。

探偵事務所によっては、ホームページに記載されている金額と、実際に見積もった金額に大きな差が出てくる可能性がありますので、探偵事務所に必ず見積もりを作成してもらうよう伝えてください。

各社の見積もりを比較してみると分かると思いますが、各社で調査にかかる金額は変わってきます。

調査時間や調査人数、調査だけで終わりなのか?カウンセリングをしてくれるのか?アフターフォロー万全か?など、各社で特徴があります。

見積もりをもらったときのアドバイスとしては、なぜ?この見積もり金額になったのか?見積もり詳細を細かく説明してもらうことがポイントです。

この時、納得できる説明をしてくれた場合は、信用できる探偵事務所として考えて良いでしょう。

こういう探偵は要注意!?

また、見積もりをもらったら、「検討させてください」と言って絶対にその場では契約はしないよう注意してください。

ここでも、探偵を見極めるポイントがあります。

  • 契約を強要してくる。
  • 不安を煽ってくる

上記のようなことをしてくる探偵事務所は候補から外してください。特に「今調査しないと大変なことになりますよ」みたいに、不安を煽る探偵は要注意です。

また、ご相談者から実際に聞いたことなのですが、他社の批判を繰り返す探偵事務所もあるようです。私はこれを聞いたとき、契約を取ることだけを考えていて、相談者のことは全く考えていないんだなと思いました。

人には相談しにくいことを、勇気を出し私たち探偵に相談いただいたのですから、真剣に話しを聞いてどうやったら問題を解決できるか考えるべきですよね。

ですから、不安を煽る探偵や他社のことを批判する探偵には依頼しないほうが良いです。きっと調査でトラブルがでたときの対応が目に見えています。

過去に行政処分を受けていないか調べる

これまで紹介した方法を実践すると、あなたが候補にあげた探偵事務所の調査料金、調査内容、会社の雰囲気などが見えてきます。

もしかすると、「この探偵事務所に調査をお願いしたいな」「この探偵事務所ならちゃんと調査をしてくれそうだな」など、依頼をしたい探偵事務所が決まっているかもしれませんね。

さらに安心して調査の依頼が出来るよう、過去に行政処分を受けていないかチェックしてみましょう。

行政処分の有無を調べる方法

調べ方は簡単です。調査依頼を考えている探偵事務所さんの所在地(例えば横浜市)から、警察や公安委員会のホームページを調べると行政処分を受けた探偵が分かります(地域にとっては公表していないところもございます)。

例えば横浜市であれば、神奈川県警のホームページで公表しています。

もしトラブルに巻き込まれたら

これまでにご紹介した方法で、探偵選びで失敗する確率は確実に減りますが、それでも100%防げるといったらそうではありません。

もし、実際に探偵に依頼をしてから

  • 調査内容に納得できない
  • 調査料金をだまされた

といった「人を騙す」ようなトラブルに巻き込まれた場合、以下の順番で対応してください。

  1. 国民生活センターに相談する
  2. 所属している調査業協会に問い合わせる
  3. 上記に問い合わせても解決しない場合、民事上のトラブルを解決してくれる弁護士に相談する

国民生活センターに相談する

国民生活センターは、商品やサービスの苦情・相談を受け付けてくれます。問題が複雑で専門家の助けが必要なトラブルでは、ADR(裁判外紛争解決手続)での解決も可能です。

所属している調査業協会に問い合わせる

調査業協会は、所属している探偵業者に倫理や調査に関する指導をしていたり、依頼者との間でトラブルが発生した場合、交渉を代行してくれます。

もし、トラブルになった探偵事務所が、どこかの調査業協会に所属をしていたら、直接問い合わせて相談することをオススメいたします。

上記に問い合わせても解決しない場合、民事上のトラブルを解決してくれる弁護士に相談する

国民生活センターや調査業協会に相談しても問題が解決しない場合、弁護士に相談することも1つの手段です。

トラブルになった探偵事務所との交渉を代行したり、訴訟をすることも可能なのですが、国民生活センターや調査業協会とは違い、相談料金が発生する場合があるので注意が必要です。

【まとめ】必ず複数の探偵に相談し比較すること

以上、失敗しないための探偵の選び方や、良い探偵・悪い探偵の見分け方を紹介しました。

何度も言わせてもらいますが、探偵選びで失敗しないためには、より多くの探偵に相談し比較することです。

探偵業法ができて探偵業界は厳しくなりましたが、それでも探偵とのトラブルは後を絶ちません。探偵選びに失敗ためにも、多少面倒ではありますが複数の探偵事務所に相談することをオススメします。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ivs_yokohama

ivs_yokohama

神奈川県にある探偵事務所【アイヴィ・サービス】です。 横浜駅きた東口より徒歩3分のところに事務所があります。 ご相談者に最後まで寄り添い、全力でサポートいたします。

-ブログ

Copyright© アイヴィ・サービス , 2019 All Rights Reserved.